インプラント|神田駅・新日本橋駅で歯科をお探しの方は神田今川橋歯科クリニックまで

03-5209-2555 〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-4-8
エルヘンビル1F

WEB予約はこちら
  • share:
  • シェア
  • ツイッター
  • 電話
  • メニュー
  • インプラントとは
  • メリット・デメリット
  • 治療の流れ
  • 骨の量に問題がある場合
  • インプラントのクラウン
  • Q&A

インプラントとは?

イメージ画像

インプラントは歯を失った部分に人工歯根を埋め込み、そこへ人工歯を固定させる治療法です。
今まで、失った歯を補うものといえば、入れ歯やブリッジが一般的でしたが、ここ20年の間ではインプラント治療を選択する患者さんが増えています。
治療完了後はつけ外しを行うことなくご自身の歯と同様にケアが可能ですので、毎日のお手入れも簡単に行うことができます。
インプラントで口内に違和感を感じることなく生活したいという方は、まずは一度、当院までご相談ください。

ブリッジとの比較

イメージ画像

ブリッジは、歯を失った場所の前後の歯を削り被せることで支えにし、橋のように歯を繋げる方法です。
違和感は少なく、ご自身の歯に近い感覚でお使いいただけるメリットがありますが、土台となる前後の歯に負担がかかることで、土台の歯が割れたりする恐れもあります。
また、奥歯を失ってしまった場合は後ろに支えとなる歯がないため、ブリッジを行うことができないといったデメリットがあります。

入れ歯との比較

イメージ画像

入れ歯は保険診療内で作製することができます。ブリッジと同様に治療期間も短期で終了するというメリットがありますが、保険診療内で作製した入れ歯は特につけ心地・噛み心地が悪いというデメリットがあります。
また、部分入れ歯の場合は、歯を失った場所に隣接する健康な歯に金属ワイヤーを引っ掛けて人工歯を固定するため、周りの歯や口の中を傷つけてしまう可能性があります。

インプラントのメリット・デメリット

1. 天然歯のような噛み心地・つけ心地

インプラントは天然歯のような噛み心地・つけ心地を得ることができるのが最大のメリットです。
顎の骨にしっかりとネジを固定しているため、ブリッジや入れ歯のように食事や会話の途中で外れてしまったり、口内に違和感を覚えることが少なく済みます。
また、顎の骨に適度に力が加ることで顎の骨の退縮がおさえられるため、見た目も若く保つことも可能です。

2. 健康な歯への悪影響がない

失った歯を補う方法として、「ブリッジ」「入れ歯」とった方法がありますが、それらの方法は健康な歯や歯肉を傷つけてしまう可能性があります。
インプラントは他の歯を傷つけることなく治療・使用できることも大きなメリットです。

しかし、インプラントはほとんどの症例が自費診療となりますので、治療費が高額になるというデメリットもあります。治療期間も比較的長期に渡るため、患者さんも大変な思いをされることもあるでしょう。
ただ、一度治療をおこなえば半永久的にインプラントを使い続けることが可能です。定期的にメンテナンスを行っている方であれば、10年、20年後も90%の方が問題なく生活できているというデータのある、安心して受けていただける治療です。

インプラント治療の流れ

1カウンセリング・検査

イメージ画像

まず、患者さんの口腔内の検査と歯科用CT(オルソCT)での撮影をおこないます。
顎の骨量や硬度、大きさ、位置に最適な治療法を判断し、治療計画を綿密に立てていきます。ここでは患者さんのご希望・ご要望にそって、総合的に検討した治療法を提示させていただきます。
なにか疑問や不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

2一次手術

イメージ画像

顎の骨に穴を開けてフィクスチャー(金属のネジ)を埋め込みます。
埋め込む本数や箇所によって施術時間は異なりますが、1本あたり30分~1時間程度で終了します。
治療後は日帰りでご帰宅いただける場合がほとんどです。

3治癒期間

イメージ画像

フィクスチャーと骨が完全に結合するように、3~6ヶ月程度治癒期間をおきます。この期間は仮歯で生活することも可能です。

4二次手術

イメージ画像

顎の骨に埋め込んだフィクスチャーの上部を切開し、アバットメント(人工歯を取りつける部分)を装着します。これで大きな外科手術は終了で、治癒まで1~6週間ほど待ちます。

5人工歯の製作と装着

イメージ画像

二次手術の経過を確認でき次第、人工歯の作製に進みます。患者さんの歯の形や色を再現し、他の歯と違和感のない人工歯を作製します。
人工歯の装着が終わったら、インプラントの治療過程が終了となります。
治療後は定期的に医院でメンテナンスをおこないましょう。いつまでも健康的に使用できるよう当院もしっかりサポートいたします。

骨の量に問題がある場合

インプラントを埋入する顎の骨量が少ない・薄いなどの症例は、下記の治療法からその患者さんに1番適した方法を用いてインプラントの埋入を実現させます。

  • イメージ画像

    サイナスリフト

    上顎の骨が薄い場合、上顎の骨の上の空洞に、移植骨または骨補填材を注入して、骨の厚みを確保する治療法。
     

  • イメージ画像

    骨移植

    顎の骨の深さや幅などが足りない場合に、自身の骨を切り取り、患部に移植をして骨の再生を促す治療法。
     

  • イメージ画像

    スプレットクレスト

    顎の骨の厚みが足りない場合の治療法。骨を二分割慎重に二分割し、フィクスチャーと骨補填剤同時に埋入して固定させる方法。

  • イメージ画像

    GBR

    骨の厚み・形が悪い場合に行う治療法。骨補填材を注入し、それを人工膜で覆って骨の再生を働きかけます。

  • イメージ画像

    ショートインプラント

    顎の骨が薄い場合に、8mm以下の短いフィクスチャーを使用する治療法。
     

  • イメージ画像

    傾斜埋入

    顎の骨が薄い場合、フィクスチャーを垂直ではなく、斜めに埋入する治療法。

インプラントのクラウン

インプラントに取りつける人工歯は、「メタルボンド」と「オールセラミック」の2種類をご用意しています。

  • イメージ画像

    メタルボンド

    メタルボンドは金属製のクラウンにセラミックを焼き付けた物です。金属製のため強度がありますが、オールセラミックに比べると歯の部分の透明度や色調の表現にやや劣ります。また、経年により金属が溶けだし、歯ぐきの色が変色してしまう可能性が考えられます。

  • イメージ画像

    オールセラミック

    オールセラミックは、全てがセラミックでつくられているクラウンです。天然歯の透明感や色調を再現するのに優れ、長期間使用しても変色することもありません。しかし、強度がメタルボンドに比べるとやや劣るところがあります。
     

インプラントのQ&A

治療期間はどのくらいかかりますか?

症例によって異なりますが、基本的には4~6ヶ月程度で完了します。顎の骨の状態や量によって治療期間が変わるため、まずはご自身の状態を検査・CT撮影で把握しましょう。おおまかな治療期間の目安については、検査結果を踏まえた上でお伝えさせていただきます。

治療費が高額と聞きましたがどのくらいですか?

インプラントは基本的に自費診療となります。治療する箇所や本数、使用するインプラントによって医療費は異なるため、まずはカウンセリングにてご相談いただくのがよろしいかと思います。

インプラントに年齢制限はありますか?

目安として、顎がしっかりできあがった16歳以上の方は問題なく行えます。顎の骨が完成していないお子様や妊娠中、全身疾患のある方についてはお断りさせていただく場合がございますので、該当する方はご相談ください。

インプラントはどのくらい保ちますか?

インプラントは半永久的に保つことが可能ですが、それは毎日のケアと定期的に歯科医院でメンテナンスを受けている場合に限ります。
手入れの状態が悪いとせっかく努力した治療も水の泡になってしまいますので、正しいケア・メンテナンスをおこないましょう。

食事の制限などはありますか?

特に食事制限はございません。硬いおせんべいもバリバリと噛んでいただいて結構です。インプラントなら天然歯のように噛む心地良さをまた味わうことができます。