コラム|神田駅・新日本橋駅で歯科をお探しの方は神田今川橋歯科クリニックまで

03-5209-2555 〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-4-8
エルヘンビル1F

WEB予約はこちら
  • share:
  • シェア
  • ツイッター
  • 電話
  • メニュー

皆さんこんにちは。
神田駅・新日本橋駅の歯科/歯医者、神田今川橋歯科クリニックです。

 

歯を失ってしまったら、すぐに「入れ歯」をイメージする方が多いかもしれません。しかし、最近では「インプラント」という選択肢も一般的になってきました。機能回復のための治療として、入れ歯とインプラントの違いを比較してみましょう。

 

入れ歯とインプラントのちがい

入れ歯とインプラントを比較したとき、大きなちがいは「人工歯根があるかどうか」です。入れ歯は取り外しができる義歯を口や残っている歯にはめて使用します。これに対し、インプラントは人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着して使用します。
失った歯の機能を回復させる一般的な治療方法として浸透している入れ歯ですが、しっかりと固定されているインプラントに比べると強く噛めず、かみ合わせのズレなども気になる傾向があります。

 

入れ歯のメリット、デメリット

入れ歯のメリットは、治療期間が短く、保険適用内におさめれば比較的安価に治療ができることです。また、外科的な処置が必要ないので、持病がある人も治療ができます。取り外しができるので、お手入れがしやすいという点も挙げられます。
デメリットとしては噛む力が弱くなり、かみ合わせが難しくなってしまうことです。歯がないところは顎の骨がやせてしまうので、使っているうちに入れ歯がズレてしまうこともあります。さらに、保険適用の入れ歯はプラスチック製のために味覚を感じにくく、固定させるためのバネが目立ってしまいます。

 

インプラントのメリット、デメリット

インプラントは顎にしっかりと固定されて独立しているので、天然の歯のような噛み心地と見た目のよさが大きなメリットです。治療時にほかの歯に負担を与えることもなく、インプラントとかみ合わせになる歯の負担も少なく感じられます。さらに、顎の骨の吸収を抑えることもできます。
デメリットとしては、入れ歯に比べると治療期間が長くなり、保険が適用されないので治療費が高額になります。インプラントの埋入には外科手術が必要なので、持病があると治療ができないこともあります。

 

まとめ

歯を失って入れ歯かインプラントか悩んだら、神田エリアの千代田区鍛冶町にある神田今川橋歯科クリニックまでご相談ください。お一人お一人のお口の状況に合わせて、それぞれの治療方法について丁寧にご説明いたします。骨の量に問題があって他院で「インプラントができない」と言われた方も、当院で骨の再生を促す治療によってインプラントが可能になるかもしれません。一度ご来院ください。