お知らせ|神田駅・新日本橋駅で歯科をお探しの方は神田今川橋歯科クリニックまで

03-5209-2555 〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2-4-8
エルヘンビル1F

WEB予約はこちら
  • share:
  • シェア
  • ツイッター
  • 電話
  • メニュー

ラグビーと歯の似た関係??

2019年10月8日

ラグビーワールドカップが日本で開催され、多くの方がラグビーに興味を持たれたと思います。

ワンチームで奮闘する姿は、グッとくるものがありますよね。

 

そんなラグビーですが、ラグビーと歯の似た関係があることを御存じですか?

 

それは、どういうことかと言えば、

 

奥歯は、大きくて強い  = ラグビーで言えば、フォワード(スクラムを組む選手たち)

 

前歯は、スリムで切れ味するどく = バックス(主に最後にトライを決める選手たち)

 

という似た関係があります。

 

奥歯と前歯、フォワードとバックス、

どちらが大事というわけではなく、

ともに合わさって「ワンチーム」=「お口の健康」なのです。

 

多くの方は、前歯を抜けたままにはしません。それは、見た目が悪いからでしょう。

奥歯は、どうでしょう??

抜けたままにしている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

抜けたままというのは、8人でスクラムを組むところを7人、6人で組むという状況に似ています。

それで、屈強な噛む力(奥歯には、人ひとり分の体重がかかると言われています)に、耐え続けることが出来るでしょうか?

 

残された選手(奥歯)は、ボロボロになります↓

 

スクラムが押されると、当然、バックス(前歯)にも悪影響が出てきます。

 

ですから、奥歯をしっかり保つことが、前歯にも好影響を及ぼし、

結果として 勝利=お口の健康 を勝ち取ることが出来るわけです。

 

奥歯を抜けたままをすることは、お口の崩壊=負け につながるので気を付けましょう!

 

林修の今でしょ講座-16.02.09-日本综艺-MioMio弹幕网-^ω^你是我的Master吗-miomio.tv_.mp4_000389078